読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

every day is a new day

アラフォーの会社員、現在 育児休暇中で新米ママとして奮闘する日々

出産

9月。38週に入っても体調はすこぶる良く、マタニティビクスに通ったり友人とランチしたり。漫画を読みふけったり、お料理したり。もっと暇になって仕事したくなるかな?と産休に入る前は思っていたのですがなんのその・・たいそうのんびり楽しく過ごしていました。

 

予定日1週間前に受診するも「まだ赤ちゃんが下がってきていない」と言われ、次週にもう一度診察する予定に。予定日にもまだ出てこないだろうとたかをくくり、予定日には旦那と友人の3人でフレンチに行く約束までしていました。

 

なのですが、予定日の前の夜、ギリギリと子宮周り(?)が痛くてなかなか寝れず・・朝になって病院に電話したら「入院の準備をして来てください」とのこと。いわゆるおしるしと言われる微量の出血があり、「これはもう赤ちゃん出てくる準備ができているねぇ」と急遽入院することに。

 

陣痛促進剤を打ったものの「今日はまだ子宮口が開いていないから、明日かな」という判断になり、その夜寝ていると、助産師さんが23時ごろ病室に飛び込んできました。赤ちゃんの心拍が2回落ちているので、ちょっと危険かもしれない・・とのことで酸素マスクのようなものを付けられかなり慌てました。

 

今は心拍が安定しているけれど、もう1度落ちたら後遺症等が残る可能性もあるかもしれないので帝王切開にしたほうがいいかもしれない・・とのこと。怖がりな私は無痛分娩の産院をわざわざ選んでいたのですが・・そんなこんなで緊急帝王切開となりました。