読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

every day is a new day

アラフォーの会社員、現在 育児休暇中で新米ママとして奮闘する日々

離乳食は十倍粥から?って・・ほんとかな

我が家のぶーちゃんも、もうすぐ五ヶ月。

五ヶ月で離乳食を始めるご家庭も多いそうな。

セオリー的には「10倍粥」からはじめ、スプーン 一匙ずつ日々増やしていく・・ということなのだけれど、お粥の上澄みをあげてもいいのでは・・と思い、今日は上澄みを3匙ほどあげてみた。。。でもこれって美味しくないよねぇ。

 

ぶーちゃんは食にも興味がありそうで、上澄みもゴクンと飲み込んだのですが、こんなサイトを今日見つけてしまった。↓

 

www.babycom.gr.jp

 

このサイトでうんうんと納得したのは、以下のポイント。

 

・離乳食は消化のよい流動食から始めるのがいいとされているが、十倍粥の上澄みからお粥に移行するのは困難。また、ヒトは噛まないと味を感じられないので、十倍粥では噛む作業がないためおいしさを感じずあまり食べない。

・生後6ヶ月にもなると、舌と上顎で押し潰すように食べれるようになるので、大人が親指と人差し指で軽く潰せるぐらいの軟らかいものなら赤ちゃんも喉につかえさせることなく上手に食べれるし、胃に負担もない。

・軟らかめの一口大のご飯をあげれば赤ちゃんは自分の手で取って食べられるので、食べることが好きになる。

・根菜を食べやすい大きさに薄くくし切りにした煮物を手に渡したりお皿に盛ってあげると自分で手の平をパーにして握って食べれるようになる。

・まず野菜からあげるのがおすすめ。離乳食に向いている野菜は、ツルツルとした舌触りや喉ごしの良いニンジンやカブ、大根など。すりこぎで粉砕するのではなく、薄くくし切りにして昆布出汁で煮て、煮崩れする手前くらいの軟らかさにする。手でつぶすと潰れるぐらいにすれば、赤ちゃんは自分の上顎と舌でつぶして食べることができる。また、味つけをしないのが離乳食というように言われているが、全く味を付けないものはおいしくない。昆布ダシで煮て、塩をひとつまみ入れて味を整えてあげれば赤ちゃんは見違えるほど食べるようになる。

・食事をすることに慣れてくるとこぼさなくなる。自分で食べる意欲が出てくると食事に集中するようになる。

 

 

んー、なるほど・・・・

かねてより「10倍粥・・?」と思っていたので、野菜から始めてみようかな。

 

子育てが始まってから本当に

「自分のアタマで考え直感を信じて判断する」

「自分で考えて決めたことなら、その責任は自分で取る」

このことがだいじだなぁって思うことが多い。

もちろん、自分自身の人生もなんだけれど、自分に色々な責任(?)が一任されている赤ちゃんのことだと余計迷う。今は情報過多の時代だけれど、きちんと自分で考えて行動していけないとな。。